主婦のキャッシングの限度額は?

キャッシング業者によって利用限度額は違います。この業者ごとの利用限度額のほかに、個人により利用できる上限が定められます。総量規制により、個人が借り入れできる金額の上限は、年収の三分の一までとなります。最近では共働きの夫婦も増えていて正社員として仕事をこなしながらの主婦も多くいることでしょう。また、パートなどで安定した収入がある場合にも、自分自身の収入を基準に審査を受けることとなります。総量規制によると、専業主婦は自分自身の収入がないためキャッシングを利用できません。しかし、銀行系のキャッシングなら総量規制の対象外となるため、専業主婦であっても利用できます。この場合、審査は配偶者の年収を基準に行われます。もし家族に内緒で利用したいと思った場合には、キャッシング利用時にあらかじめ伝えておく必要があります。電話連絡や郵便物などにキャッシング業者名を使わないよう配慮をしてもらえる場合が多いのです。一方、こうした「家族に内緒」のキャッシング申し込みをした場合には、利用者本人に安定した収入がないこともあり、審査に通りにくいという一面もあり、また、個人の利用限度額も配偶者の年収の三分の一いっぱいまでとはならないようです。

 

主婦キャッシング トップページに戻る